鳥インフルエンザにも影響する有効な鳩対策

鳥インフルエンザの危険性大!感染ルートをシャットアウトする方法 鳥インフルエンザの危険性大!感染ルートをシャットアウトする方法

鳥インフルエンザが流行!~鳩からペットへの感染は?~

ウイルス

近年、鳥インフルエンザが日本のみならず世界中で流行しています。この鳥インフルエンザはペットへの感染してしまう恐れはあるのでしょうか?

鳥インフルエンザとは

鳥インフルエンザとは、インフルエンザのウイルスの一つである「A型インフルエンザウイルス」が鳥に感染してしまうことで起きる感染症です。人に感染するインフルエンザとは別のインフルエンザに分類されています。このインフルエンザは、主に鶏などの家禽類に感染しているイメージがあるかもしれませんが、もちろん鳩などの野鳥やペットで飼われているオウム・インコなどにも感染する可能性は高いです。そのため、ペットの鳥を外に出しておくようなことはしないようにしましょう。

鳩を媒介して感染


オウムを室内飼いしているのですが、家の周りにいる鳩から感染する可能性はありますか?
家の周りにいる鳩からも室内飼いをしているペットの鳥類に感染する可能性はあります。ウイルスに感染している鳩が糞をしてそれが乾くと風に乗ってウイルスが飛散してしまいます。もしも飛散したウイルスが何らかの原因で家の中に入ってしまった場合、例え室内飼いをしているオウムでも鳥インフルエンザに感染してしまうかもしれないのです。
鳥インフルエンザのリスクを減らすにはどうしたらいいですか?
鳥インフルエンザのリスクを減らすためには、まず自宅周辺にいる鳩などの鳥を追い払う必要があります。鳩には鳥インフルエンザの他にも様々な病気を持っています。また、この病原菌は鳥インフルエンザ同様糞が乾燥すると飛散しやすい状態になってしまうのです。ですから、ペットの鳥を守るためにも迅速に鳩対策を行っていく必要があります。

オウムを守るただ一つの方法

オウムを守る方法は、鳩駆除専門の業者へ依頼することです。自分で駆除をしようと考える方も多いのですが、結局うまく行かずに業者に依頼する方は多いです。また、業者であればペットのオウムを守れるような対策方法を教えてくれます。その他にも、子供がいる場合での適切な方法を提案してくれます。駆除の際は、高い場所での作業もスムーズに行うことが出来るため、プロの業者に頼むと良いでしょう。

オウムを鳥インフルエンザから守る~鳩が繁殖できない環境~

大切なペットであるオウムを鳥インフルエンザの脅威から守るためには鳩が住みにくく、繁殖しづらい環境を作ることが大切です。

ペットのために出来る鳩対策

ベランダを常に清潔にするといいみたいですよ。(40代/女性)

最近鳥インフルエンザが流行ってきているので、ベランダに鳩が来たらすぐ追い払うようにしていました。しかし、またすぐ戻ってきてしまって…。飼っているオウムに感染しないか不安になったので、鳩対策の業者を呼び、駆除をしてもらいました。この時、ベランダを清潔にしておくと鳩が来なくなりますよ。と言われたので、それ以来ベランダを毎日掃除して整理整頓も行いました。するとそれから毎日のように来ていた鳩が姿を見せなくなったんです。業者さんの言うとおりにベランダを清潔にしてよかったなと思いました。

感染のリスクは飼い主が減らす

鳥インフルエンザへの感染リスクを下げるためには、ペット自身はどうすることも出来ないので飼い主が対策を行わなければなりません。そして、飼い主は生き物を飼っている以上、健康状態や衛生状態を良くしていき、ペットにとって住みやすい環境づくりを行っていく責任があります。そのため、鳥インフルエンザの感染リスクも飼い主が減らしていかなくてはならないのです。  

TOPボタン